薄毛を未然に防ぐ!フィナステリドの服用について知っておきたいこと

薄毛の予防・対策

若い世代にとって薄毛は深刻な悩みとなり得ます。
しかし最近では薄毛予防にフィナステリドを服用するという選択肢が広まっています。

では若い年齢でのフィナステリドの服用は本当に安全なのでしょうか。
その効果やリスクについて正しく理解することが重要です。
ここでは若い世代に向けた薄毛予防としてのフィナステリドの利用について詳しくご説明いたします。

フィナステリドを予防で飲むことはあり?

結論:予防目的でフィナステリドを飲むことは問題ない

今はまだ薄毛でなくとも、将来的に遺伝などの要因でAGA(男性型脱毛症)を発症してしまう
可能性はあります。
またAGAは進行性の脱毛症であるため、放置しておくと徐々に症状が深刻化します。
そのため若いうちからフィナステリドを服用することは非常に有効です。

ここでいくつかのポイントに分けてご説明いたします。

若いうちから服用した方が効果的

AGAは発症してからではなく、若いうちから予防する方が高い効果を得ることができます

AGAの予防をしなかった場合
  • 失われた毛量を取り戻すのに時間がかかってしまう
  • 進行具合によっては治療期間が延びてしまう
  • 気が付いたころには薄毛がかなり進行している
早期にAGA予防を行った場合
  • AGAの進行スピードを遅らせることができる
  • AGAの改善が早い
  • 長期的な効果を期待できる

フィナステリドの働きについて

フィナステリドは5αリダクターゼという還元酵素の働きを阻害することで
男性ホルモンのテストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン)への変換を抑制します。

DHTは薄毛の主な原因であり、このDHTの生成を抑制することで
薄毛の進行を防ぐことができます。

未成年はフィナステリドの服用はできない

フィナステリドは未成年者には処方されません。
その理由は未成年者の場合、成長期のホルモンバランスに影響を及ぼしてしまう可能性があるからです。成人をむかえてから専門医による適切な処方を受けることが重要です。

フィナステリドを予防で飲む場合のリスクは?

フィナステリドを予防目的で飲む場合のリスクや副作用には以下が考えられます。

  • 薬への耐性ができるリスク
  • 性欲減退、性機能の低下などの副作用が起きるリスク

早期に服用を開始すると耐性ができる?

若いうちからフィナステリドを飲むことで薬への耐性がつくことを懸念している方もいるでしょう。

現状、フィナステリドの長期服用によって耐性ができることは報告されていません。

つまり、耐性については心配する必要が無いと言えます。

若いうちやAGA初期にフィナステリド服用が原因で薬の効果に実感が持てない場合には、
フィナステリドへの耐性ができたのではなく、ほとんどが他の要因によるものです。

長期服用による副作用について

フィナステリドの副作用は比較的少ないとされていますが、報告されている例としては
主に性欲減退や性機能の低下などの性的副作用に関するものです。
他の副作用としては吐き気やむくみ、倦怠感、頭皮のかゆみなども考えられています。
通常、これらは服用を中止することで改善できます。


フィナステリドを服用することで起こる副作用発現率自体は非常に低く
日本国内の長期投与試験結果でも以下のように報告がされています。

国内長期投与試験期間中における副作用(臨床検査値異常変動を含む)の発現割合は1.1%(4/374例)であり、前相を含め96週間にわたり1mgが投与された症例の長期投与試験期間中における副作用の発現割合は1.6%(2/124例)であった。

医療用医薬品 : フィナステリド (フィナステリド錠0.2mg「クラシエ」 他)

薄毛予防でフィナステリドを飲むのがおすすめな人

生活習慣が乱れがちな人

食事面や睡眠面などの生活習慣が乱れがちな人は、薄毛予防としてフィナステリドを飲むと良いかもしれません。
食生活の乱れは髪に十分な栄養を届けることができず、睡眠不足は成長ホルモンの分泌を妨げてしまうからです。

POINT

フィナステリドは直接生活習慣を整えるわけではないですが
生活習慣の乱れが原因でヘアサイクルが乱れ、頭皮環境が悪化することを防ぐことができます

家族に薄毛の方がいる人

AGAは遺伝が深く関係しており、薄毛の約80%が遺伝によるものです。
そのため家族に薄毛の方がいる人はAGAを発症しやすいと言えます。

POINT

特に、母方のおじいさん・ひいおじいさんが薄毛だと遺伝しやすいことが分かっています

ストレスが多い人

ストレスが蓄積すると自律神経が乱れ、交感神経と副交感神経の働きのバランスが崩れます。
すると血行不良やホルモンバランスの乱れにつながってしまい頭皮の栄養不足や酸素不足を招き、
髪の成長を阻害してしまいます。

自己判断でのフィナステリド服用はNG

フィナステリドの服用は自己判断で行うべきではありません。

一度AGA診断を受け、専門の医師に相談することをおすすめします。
なぜなら薄毛にはさまざまな要因や原因があるため、まずは原因を特定してから
薄毛を解決
していくことが大切だからです。

服用が早ければ予防効果も大きくなりやすいですが、個々の体質に合った適切な投与量を把握することなども非常に重要です。

まとめ

フィナステリドは、早期に服用を開始することで薄毛の予防効果が期待できます。
特にAGAでは遺伝による影響が大きいので、ご家族に薄毛の方がいる場合などは有効です。
しかしフィナステリドは医薬品の1つなので副作用が出ないとは言い切れませんが、
適切な管理のもと使用すれば安全性の確保は可能です。
フィナステリド服用をご検討の方は、まずは専門のAGAクリニックで診断を受けることを推奨します。

無料のご相談はSPオンラインクリニックへ

SPオンラインクリニックの特徴

SPオンラインクリニックのAGA治療は、医師による診療からお薬の受け取りまで全て自宅で完結します。
病院に入るところを見られたくない方にも安心してご利用いただけます。
更に、お薬も中身が分からないように梱包いたします。

初めての方も安心!

  • 経験豊富な医師による診療!
  • 診察料が全プラン無料!
  • 1ヶ月から始められる!

処方の前にしっかりと医師の診察を受けられるので、安心です。
副作用などが心配な方はまずは1ヶ月からスタートすることもできます。

治療が続けやすい3つの理由!

① お財布にやさしい!月々3,980円~!

1日コーヒー1杯分だから、無理なく続けられる。

②受け取り楽々!お薬一括配送!

毎月受け取るのは面倒な方も安心!

6ヶ月分、12ヶ月分を一度にお届けするから毎月のお受け取りが不要!
さらにポストに投函されるから留守がちでもOK!

③ 発毛効果が期待できる分飲ドリル対応!

1日2回に分けて服用することで、1日1回の服用より発毛効果が期待できます。
※1日1回の服用(1回2錠)も選択できます。
※効果を保障するものではありません。

AGA(薄毛治療)は、早期に始めた方が効果が出やすい!
だから、どれだけ早く始められるかが重要です。
まずはお気軽にご相談ください。

👇オンライン診療予約はこちらから👇

タイトルとURLをコピーしました