筋トレするとはげる!?真実を探る

薄毛の知識

実は、よく言われる「筋トレをすると薄毛になる」という噂には医学的な根拠はありません
逆に適度な筋トレは血行を促進し、ストレスを軽減するため、薄毛の予防や改善に効果的です。
本記事では筋トレと薄毛の関係性について解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

筋トレと薄毛(ハゲ)の関係

結論:筋トレをするとはげるという医学的根拠は存在しません。

ご安心ください。
筋トレをしたからといって、毛量が減ったり、薄毛が進行したりすることはありません。

むしろ筋トレは薄毛対策になることもあります

筋トレが薄毛対策になる3つの理由

①血行不良が改善される

薄毛の要因の1つに、頭皮への栄養供給不足が挙げられます。
頭部は血行不良を引き起こしやすい部位であり、食事から摂取した栄養素は血液を通じて全身に運ばれます。
そのため、血行不良が起こると全身への栄養運搬の妨げとなってしまいます。

筋トレは、体を動かし筋肉を刺激するため、血行不良の改善につながります。

血行不良の改善には、筋トレだけではなく有酸素運動や頭皮のマッサージもおすすめです。

②ストレス解消になる

筋トレや適度な運動は、ストレス解消に非常に効果的です。

運動で脳が活性化すると、セロトニンという気分を安定させる神経伝達物質が多く分泌されます。

セロトニンには身体や心をリラックスさせる効果があり、筋トレ後にはリフレッシュ感や幸福感をもたらすことがあります。
ストレスが溜まっていると自覚のある方は、筋トレや適度な運動がおすすめです。

③健康的な生活習慣につながる

筋トレが習慣化されると、日々の生活から健康的な生活を意識するようになるでしょう。
たとえば、油分の多い食べ物を避ける、バランスや栄養素を考えたメニューにする、など食生活が改善されるかもしれません。
「高たんぱく・低脂質な食事」「質の高い睡眠」など健康的な生活へとシフトできれば、薄毛対策に有効と言えます。

このように筋トレは自律神経を整えたり、血行改善やストレスを解消したりなど、様々なメリットがあります。

なぜ筋トレをするとはげると言われるのか?

おそらく筋トレをするとはげるという噂は、男性ホルモンであるテストステロンに関しての間違った認識のためだと思われます。

テストステロンは筋肉の成長や骨密度の維持、記憶力・集中力のサポートなど、重要な役割を担う男性ホルモンです。
筋トレによって筋肉に刺激を与えると、テストステロンの分泌が促進されます。
男性の健康維持のためには必要不可欠なテストステロンですが、体内の5αリダクターゼという酵素と結合すると、DHT(ジヒドロテストステロン)という強力な男性ホルモンに変換されます。

DHTはAGA(男性型脱毛症)を引き起こすと考えられている悪玉ホルモンです。
DHTが頭皮の男性ホルモン受容体と結合すると、髪が抜けるよう指令を出す脱毛因子が増加します。
その結果ヘアサイクルに乱れが生じ、薄毛の進行に影響を及ぼすと考えられています。

筋トレと薄毛にはテストステロンという共通点はありますが、テストステロンが直接的に薄毛の原因となることはありません。薄毛の原因となるのは、テストステロンと還元酵素の結合で生成されるDHTです。

したがって筋トレではげると言われるのは、テストステロンとDHTが混同しているからだと考えられます。薄毛を予防する際には、筋トレを避けるのではなくDHTの発生を防ぐことが重要です。

筋トレ後のプロテインは健康的な髪の手助けになる

筋肉の栄養はタンパク質で構成されていますが、実は髪の毛もタンパク質で構成されています。
筋トレにより傷ついた筋線維(筋肉を構成する細胞)を回復するには、適度な休養と栄養補給が欠かせません。いくら筋トレに励んだからといって、タンパク質がしっかり摂れていないと思い通りに筋肉は育ちません。

体内に取り込まれたタンパク質は、優先的に肉体の維持に使われます。
そのため、タンパク質が不足していると髪の毛まで栄養が回らなくなることがあります。
しかしプロテインは多量のタンパク質を含んでおり、髪の毛に必要な栄養を十分に補給することができます。

プロテインを摂取するタイミングは、成長ホルモンが盛んに分泌される運動直後30分以内がおすすめです。
髪の成長に関わる毛母細胞の働きを活性化するには、タンパク質に加えビタミンやミネラルをバランスよく摂取することも大切です。

筋トレ後はプロテインを飲んで、太く強い健康的な髪の成長をサポートしましょう。

筋トレをしている時は、フィナステリドやミノキシジルを使用してもOK?

一般的に筋トレをしている期間にAGAの治療薬を使用しても問題ありません。

特にフィナステリドに関しては、筋トレ中でも継続して服用する方が良いでしょう。
なぜなら筋トレによってテストステロンの分泌が増加することがあるからです。
必ずしもテストステロンが増えたからと言って、全てがDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されるわけではありません。
ですが男性ホルモン受容体の感受性が高い人は、DHTの変換がされやすく、他の人よりも薄毛のリスクが高い傾向があります。
フィナステリドにはテストステロンがDHTに変換される働きを防ぐ作用があり、AGA治療薬は継続して服用することでより効果が発揮されやすいものです。

以上のことからAGA治療薬を服用しながらでも安心して筋トレを行うことができます。

薄毛(ハゲ)を改善したいならAGA治療

最近「抜け毛が増えた」「髪が細く弱々しくなったような気がする」「おでこが以前より広くなった」など、髪の毛に関して気になることがあれば、まずはAGAクリニックに相談してみてください。
薄毛(AGA)の根本的な原因はすでに解明されており、早期に治療を開始すれば薄毛は予防できます。また既に進行してしまった薄毛に対しても予防だけでなく、しっかりと改善できる治療が確立されています。

薄毛に対して「治療するほど進行はしていないな」「まだ大丈夫だろう」と考える方も多くいらっしゃいますが、AGAは早い段階での治療が最も有効です。お一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

まとめ

今回「筋トレすると薄毛になる」という噂に医学的根拠はないことが分かりました。
むしろ薄毛に悩む方・薄毛予防をしたい方々にとって、筋トレは有効な対策の1つと言えます。
AGA治療による適切な医学的アプローチと共に、薄毛対策に取り組む際には、ぜひ筋トレを取り入れてみてください。

無料のご相談はSPオンラインクリニックへ

SPオンラインクリニックの特徴

SPオンラインクリニックのAGA治療は、医師による診療からお薬の受け取りまで全て自宅で完結します。
病院に入るところを見られたくない方にも安心してご利用いただけます。
更に、お薬も中身が分からないように梱包いたします。

初めての方も安心!

  • 経験豊富な医師による診療!
  • 診察料が全プラン無料!
  • 1ヶ月から始められる!

処方の前にしっかりと医師の診察を受けられるので、安心です。
副作用などが心配な方はまずは1ヶ月からスタートすることもできます。

治療が続けやすい3つの理由!

① お財布にやさしい!月々3,980円~!

1日コーヒー1杯分だから、無理なく続けられる。

②受け取り楽々!お薬一括配送!

毎月受け取るのは面倒な方も安心!

6ヶ月分、12ヶ月分を一度にお届けするから毎月のお受け取りが不要!
さらにポストに投函されるから留守がちでもOK!

③ 発毛効果が期待できる分飲ドリル対応!

1日2回に分けて服用することで、1日1回の服用より発毛効果が期待できます。
※1日1回の服用(1回2錠)も選択できます。
※効果を保障するものではありません。

AGA(薄毛治療)は、早期に始めた方が効果が出やすい!
だから、どれだけ早く始められるかが重要です。
まずはお気軽にご相談ください。

👇オンライン診療予約はこちらから👇

タイトルとURLをコピーしました